2010年05月01日

仮想空間ビジネスで賠償請求=会員17人、計728万円−大阪地裁(時事通信)

 インターネット上の仮想空間での土地投機話を持ち掛け、会員から登録料を得ていた「ビズインターナショナル」(さいたま市)と関連2社を相手に、大阪や兵庫などに住む会員17人が28日、金をだまし取られたとして、計約728万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。
 訴状によると、ビズ社は仮想空間でビジネスを行えば「空間利用料」を稼げる上、土地取引でも利益を得られると宣伝。各地で説明会を開き、「10万人そろえば必ずもうかる」「有名企業も参加する」と勧誘し、新会員を紹介するとボーナスを得られるとしていた。
 17人はDVDなどのセットを約40万円で購入。仮想空間の土地代を支払った人もいたが、土地は東京や大阪の一部しか売買できず、「仮想空間を開発する能力も意思もなく、詐欺だ」と主張している。 

<火災>民家全焼2遺体発見 山形・飯豊(毎日新聞)
研究内容の第三者評価導入へ―医薬基盤研事業仕分け(医療介護CBニュース)
あしなが募金 遺児の進学・就職率ダウン(毎日新聞)
年度内に医師を対象とした実態調査―統合医療PT(医療介護CBニュース)
日、独、沖の歌曲情感深く 小波津准教授ソプラノリサイタル
posted by ウメモト シゲハル at 01:31| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。