2010年05月28日

口蹄疫 赤松農水相が陳謝「結果責任はある」(産経新聞)

 赤松広隆農水相は25日午前の衆院農林水産委員会で、宮崎県で被害が拡大している口蹄(こうてい)疫問題について、「私としては誠心誠意、必要と思うことをやってきたつもりだが、結果としてこれだけ広範囲に口蹄疫が広がったことについては大変申し訳ない気持ちでいっぱいだ」と陳謝した。自民党の谷公一氏の質問に答えた。

 これまで赤松氏は「結果責任はある」としていたが、初動対応に遅れがあったとの指摘には「反省するところはない」と語っていた。一方、赤松氏は同委員会で、被害拡大の最中に外遊に出かけたことについては「私が行ったことで急に発症が大きくなったということはない」と述べた。

【関連記事】
口蹄疫 消毒マット、触れ合い中止…動物園「広まれば閉園も」
「救いたい」種牛49頭めぐり東国原知事vs副大臣バトル
こてっちゃんのエスフーズ、東国原知事に義援金8千万
口蹄疫 ふるさと納税と義援金合わせて1億円超 巨人やソフトバンク…続々
「口蹄疫で消えてしまう…」日本3大開拓地・川南町ルポ
虐待が子供に与える「傷」とは?

「アトラス 迷宮のボルヘス展」妻のマリアさん来日(産経新聞)
高速料金 「上限千円」廃止の反動懸念(産経新聞)
ネット流通の児童ポルノ、即時遮断 警察庁など関係省庁合意(産経新聞)
哨戒艦沈没 追加制裁など確認(産経新聞)
処方箋捏造、薬を入手 堕胎容疑医師 妊娠知った翌日(産経新聞)
posted by ウメモト シゲハル at 18:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。